スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お芝居の感想とか

お芝居観てきました♪

今日のお芝居♪



ここのお芝居は
舞台の使い方がとてもうまくて好きです。
大きな装置がなくても
場面展開を観る側の想像に委ねてくれるというか。
話の内容も「観てわかりやすい!」というよりは
比喩が多くて考えながら観ることが多いけど、
でもきちんと後で辻褄が合うようになってて
そこがまた親切だったり。

だから置いてきぼりを食ってる感じは全然しなくて
むしろ想像させてくれる余地をくれてるのが
心地よかったりします。

今回もとある童話がモチーフになってますが
それはネタばれなので内緒です♪

あと、劇中の朗読劇っぽいところ。
朗読部分と台詞の部分の感情の切り替え…
圧巻でした。

小さい劇場で少人数でしたが
見応えのある舞台でした!


スポンサーサイト

お芝居の感想とか

お芝居観てきました♪

今日は2本だてです!


一つは主人公の女の子とお父さんの物語。
もう一つはその女の子の5年後のお話です。

お芝居としては独立してるので
どっちを観ても、またどちらから観てもOKだったのですが
今日だと時系列で両方観れるので
両方観てきました。

例のごとくネタばれになるので詳細は割愛しますが。。

「親子愛」と「兄弟愛」。
自分が今まで生きてきた中で
同じシーンがあったとか、自分も同じ風に考えたとか
絶対誰もがあると思う。
作品とどう共鳴できるかで感動ポイントが変わってくると思うのです。
もちろん両方すばらしい作品ではあるのですが。。

あと、
言葉のないシーンでの心情の表現。
立ち止まる。振り返る。遠くを見つめる視線。落とした肩…
こういう表現をボイスドラマだったらどう演じるか。
そんなことをいっちょまえに考えながら観てたりとか。。

それにしてもこの時期、
ただでさえ暑さでお化粧が落ちやすいのに
観終わったあとの涙でボロボロな顔は
なんとかならないものでしょうか。。><



information

ちょこっと宣伝させてください♪

最近宣伝ばかりですいません。。
でも宣伝しちゃう♪
立秋の今日に合わせて公開となりました。

企画:Crystal+ 様
   「闇使」
番外編・片割れ月の消ゆる闇
語(かたり)と少年の二役です。

こちらのシリーズは季節ごとに物語があり
今回は秋の章、二人の少年の絆の物語です。

収録前に台本読みながらうるっとしてたのは内緒です
で、出来上がった作品を聞いてさらに泣きました。。
すてきな台本に声がついたときの相乗効果を
改めて思い知りました
ぜひぜひ聞いていただけると嬉しいです♪

あと、個人的にも初めてが2つあります。
一つはナレーション系。もう一つは少年系。
私、お母さん&おばちゃん以外もできるんですよー(えっ
これを機に役の幅をさらに広げていけるようにがんばります!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。