お芝居の感想とか

お芝居観てきました♪

ご無沙汰してしまっております。。m(_ _)m
久しぶりに舞台を観に行ってきたので
感想ブログ復活します!




5本のオムニバスの朗読劇です。
1本目の入り方があまりに演出が自然すぎて
「あ、ここはもうお話の世界なのか」と。
こういう演出はおもしろかったです。

いろんな作風があってどれも楽しかったのですが
私が好きなのは2作品目のゴースツ。
話がわかりやすかったというのもありますが
一番作品の世界に入り込めた、というのが理由です。

朗読劇ってある意味、特殊だと思うんです。
普通の演劇だったら体で表現というのもあるのでしょうが
台本を手にできること、といったら制限があると思います。

感情を声に込めるのはもちろんのこと、
それ以上に「観客=観てる人」がいるということは
視覚に訴えかける何かが必要だと思うのですが、
それが登場人物の関係性だったり表情だったり。

台本を目で追うだけでなく、
舞台の上の人たちだけで会話をするのでなく
観ている側が自然と引き込まれる。
同じ景色を見てる、っていうのかな。
それを実感できた今日の舞台でした。

朗読劇って奥が深いです。。

スポンサーリンク

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 舞台 感想 演劇 朗読劇 音声劇団ばなわに!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

沼端ひさの

Author:沼端ひさの
こちらまで足をお運びいただきありがとうございます!声や音について幅広く活動していくために、ブログを始めてみました。よろしくお願いします♪